空き家のアップサイクルで、貧困の罠から人を救い、社会とつなぐ「Renovate Japan」

「余っていて困っている家を、足りなくて困っている人に。」

この言葉をtwitterで見かけた瞬間、とても心に響きました。

この言葉は「Renovate Japan」さんの言葉です。「Renovate Japan」さんは、空き家をシェアハウスにアップサイクルさせ、住居支援、就労支援につなげる活動をしています。

Renovate Japanさんとは
昨年10月から始動した、空き家をシェアハウスへ改修するソーシャルビジネスです。特に、改修の過程で、家と仕事に困っている方を一定期間雇い、住み込みでお手伝いしてもらいます。そしてその時間と空間をうまく使って、セーフティネットや次の就労に繋がる支援をします。

貧困の罠から抜け出すための一筋の光を、空き家で創る

現在の社会は一度貧困になったら抜け出せすことは難しいです。そのことを「貧困の罠」と呼ばれています。

 皆さんは「貧困の罠」という言葉をご存知ですか?これは一般的に、貧困であることが理由で貧困から抜け出せないという悪循環のことを指します。

【国分寺・シェアハウス】空き家を活用して、家と仕事に困っている方々を支援したい!

中でも、住居がないことは「貧困の罠」の大きな理由となります。住む所がないということは住所不定になってしまいます。住所不定の場合、履歴書を書くこともできず働くことは難しいです。働くことができなければ、収入を得ることできない。

「Renovate Japan」さんの活動は困っている人に住む所をサポートし、働くことにつなげ、一人で生きていくことをサポートします。

「Renovate Japan」さんの活動は「貧困の罠」から抜け出すための出口を指し示す一筋の光だと思いました。

「Renovate Japan」を現在クラウドファンディングをしています。「Renovate Japan」をもっと知りたいという人は、以下リンクをぜひ覗いてみてください。

Follow me!