日商簿記3級に合格するにはどうすればいいのか

日商簿記3級に合格するにはどうすればいいのか調べてみました。

試験範囲

勉強を開始するために、日商簿記の3級の試験範囲を頭に入れていきましょう。

日商簿記3級は「商業簿記」から出題されます。

商業簿記の、「商業」とは商品の売買をするのことです。

商品の売買

A→商品→B

A←お金←B

日商簿記3級の試験範囲は公式ページの区分表で確認できます。

商業簿記

https://www.kentei.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/2021_shokai1-3.pdf

商業簿記標準・許容勘定科目表

https://www.kentei.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/2019_kamoku.pdf

試験形式

紙の試験とネット試験があります。

紙の試験は年に3回(11月、2月、6月)

ネット試験は随時受験することができます。

勉強期間

合格者の方の勉強期間をみると1ヶ月〜3ヶ月という方が多いです。

合格点

合格点は100点満点中の70点です。7割の正解が必要になります。

問題数

日商簿記3級は紙の試験は5題です。ネット試験は3題です。※ネット試験は確認中です。

勉強方法

動画を見て実際の試験をイメージ

動画を見ると試験問題の解き方のイメージができます。

パブロフ簿記さんのホームページで無料動画を見ることができます。

パブロフ簿記さんのホームページ

参考書で勉強

参考書で簿記3級の全体像を把握します。

Amazonでベストセラーの「スッキリわかる日商簿記3級」が間違いがないと思います。

実際に問題を解いてみる

前述の「スッキリわかる日商簿記3級」でも問題集が1回分ついていますので演習をすることができます。

模擬試験で自分の達成度をチェックする

模擬試験で自分の達成状況をチェックすることで、自分が試験を受けれる段階かを「スッキリわかる日商簿記3級」でも、模擬試験がついているので模擬試験を受けることができます。

具体的に押さえておくといいポイント

簿記はお金の取引の記録になります。

お金の取引の結果、利益がどれだけ生まれたか、財産がどうなったのかを把握することができます。

取引の記録を仕分けと呼びます。仕分けの項目を覚えることが非常に重要になります。

Follow me!